弁護士と司法書士の違い

債務整理は法律の専門家に依頼し、進めていくのが一般的です。
依頼をする専門家の候補としては、弁護士と司法書士がいますが、どちらに相談・依頼をすればよいのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。
この点に関してですが、弁護士と司法書士では、行なえる仕事内容に違いがあります。
また、債務整理には複数あり、選択されることが多い自己破産、個人再生、任意整理でも、弁護士と司法書士では対応可能な業務が異なります。

自己破産の場合はどうかといいますと、司法書士は書類作成の代理人になることしかできません。
一方、弁護士は書類作成以外にも、依頼者本人の代理人として仕事を行なうことが可能です。
個人再生も同様に、司法書士は書類作成の代理人になることしかできず、弁護士はこの制限を受けることなく幅広い業務に対応することが可能となっています。
そして任意整理に関してですが、司法書士の対応可能範囲は自己破産や個人再生とは少し異なります。
1社あたり140万円以内という制限はあるものの、任意整理の交渉を行なうことが可能です。
これに対し、弁護士は1社あたりの金額に関係なく、本人の代理人として借金問題解決のためのさまざまな業務にあたってくれます。

以上が弁護士と司法書士の違いですが、よくいわれている弁護士のほうが費用が高いということは、実際には多くありません。
別のページでは弁護士に依頼した場合の債務整理の流れに関する情報を提供しています。
債務整理の全体の流れを把握したいという人は、ぜひチェックしてみてください。